ブログ

浮気問題のスペシャリストによる無駄のない調査!
確実な証拠で裁判に勝つ!

つつじが岡公園

妻とのデートで「さぁ、明日はどこ行こう?」と前もって計画を立てることもあれば、当日アテもなくふらっとどこかに行くこともあります。元々、旅行でさえ目的地を1ヶ所決めたら、残りの巡りルートは当日決めてトラブルも含めて楽しむスタイルなので、デートでも同じくフリースタイルなことが多いんです(^^;)

それはあなたのスタイルでしょ?奥さんは振り回されて可哀想だよ!なんてご指摘を頂いたこともありますが、実は妻も同じタイプ。計画を立てたらその通りに動かないといけないマインドになってしまって楽しさ半減!そもそも子どもいる日なんか計画通りの行動こそうまくいかなくてストレス!だから「どうしよっかー?」なんて調べながら行き当たりばったりの旅こそ気楽に楽しめるし、ネット検索では出てこないような場所や出会いがあるもので好きなんです(^^)

もちろん他様々な理由があってのフリースタイルだけど、なんと今回は「言うてもツツジでしょ?」と夫婦揃って乗り気じゃない上に「ちょうど時期だし、GWで混む前に行ってみるか。」となんとなくデート先にリストアップしたなんて失礼な理由。笑

だってツツジって新築時の我が家にも植わってたし、あちこちで生垣として利用されてる珍しくもないアレですから。子どもの頃、学校からの帰り道で蜜を吸いながら帰ってたくらい見慣れた花。

ツツジ1

身近なものでも毒には注意!

ツツジのほとんどには致死性の毒が含まれているので、児童の中毒症状が頻繁に報告されています。下痢で済めば良いけど、嘔吐や痙攣など重篤な症状に陥る場合もあるので要注意。アジサイとかスイセンとかいつも見かけるけど毒だよん♪っていう植物、意外と多いので、やたらに触れる、口に入れるは避けてくださいね。

モロヘイヤやズッキーニのように育ちすぎると食べられない野菜や、インゲンのように生では危険なもの、トマトやナスのように茎や葉(実以外)は口に入れてはいけないもの、身近には危険な毒物がちょいちょいあるので、根拠もない「大丈夫でしょ。」はやめましょう!

コロナ禍で家庭菜園を始めたという人が増えたそうですが、それと同時に様々な中毒被害も増えたようですから、初めて育てる植物なら特に侮ってはいけません。「無農薬だから安心!」とちゃんと洗わずに食べた人が寄生虫被害に合ったケースも多いそうですが、そんなものはっきり言って当たり前です(^^;) 口に入れるものなのだから、最低限の基礎はちゃんと勉強しましょう。

ツツジ2

ツツジの美しさを侮るな!

さてさて思いっきり脱線しそうな雰囲気なので無理矢理に話を戻しますが、結論「言うてもツツジ」は大間違い!軽い気持ちでデートに行ったら入り口から「ツツジってこんなきれいなの!?」とイメージしていた規模との違いに圧倒されました。夫婦共にツツジの美しさに興奮です。

めちゃくちゃデカいやん!しかもカラフル!ポツリポツリと咲いてるのではなく、全てが花で覆われているような豪華な景色で、花に囲まれた細道を(ルートは決まってないので)好き勝手に歩いて楽しめます。花のトンネルやないか〜♪なんてルートもありました!

ツツジ3

種類はたくさん。

一言にツツジと言っても日本原産のツツジだけではありませんから、たくさんの種類が楽しめます。世界全体で言えば4,000種類もあるみたいですけど、つつじが岡公園には100種類程の品種が植えられていて「これ好きだなー。」というのが1つくらいはあるのではないでしょうか。

花や自然には興味ないけど奥さんに連れられて渋々来たんだろうなぁという40代くらいのパパさんが、子どもみたいにツツジの木をゆっさゆっさを揺らして「は?アンタ何やってん!?」と奥さんに叱られているなんて場面も見かけたので、中には全く興味はないけど来てるという人もいるにはいるようでした。断れなかったのかな運転手させられたのかなちょっと可哀想。ていうかツツジ揺らすなよ。笑

ツツジ4

ここだけで100種類10,000株もある!

狭い細道で「もうここは通らないかもしれないから!」と気に入った花を必死に撮影する必要はありません(^^) 練り歩かず普通に横断したって1015分はかかる広さの公園にたくさんのツツジが植ってるので、奥の方へと進めば何度か同じ品種には必ず出会えますし、もっと好きな品種にも出会えるかもしれませんから。

それよりも細道で後をつっかえさせる行動のほうが顰蹙[読:ひんしゅく]を買うので、ある程度の流れは空気を読みつつ進みましょう!ましてコロナ禍は未だ続いていますから、密集を避けて、列を詰めないように進みましょう!私達が観光した時は平日の少ないタイミングを選べたので良かったけど、見頃であるGW中とその直後はみんながモラルを持ってルールを守らなきゃいけませんからね(^^;)

ツツジ5

必死に蜜を吸ってる蜂さん。

必死になって頭をつっこむミツバチさん。シマシマのおけつ丸出しだけど、そんなこと気にしてられない!とばかりに必死であちこち飛び回って、花に顔をうずめてました。

そのうち記事にすることもあるかと思いますが、ここ数年のうちに色々あってミツバチさんを飼い始めました。それ故にミツバチさんの行動が気になるし、たまたま見かけたりすると探偵のお仕事並みに本気で追跡してしまいます!多分蜂さんにはバレバレなんですが、そんなことはどうでもいい!興味津々+かわいいからストーキングしてるんです。笑

どうやら彼らなりに蜜を選んでいる様子なので、全てのツツジに集まるのではなく、これと決まったツツジにばかり群がって蜜を吸ってます。あの夫婦、なんで蜂ばかり撮ってるんだろう?と言わんばかりに通行人に見られてましたが、聞こえないもん、気にしないもん|(3)|

ツツジ6

蜂さんも大興奮!

「うわっ!蜂だ!」と手で払う素振りをしていた方を見かけたのですが、ミツバチはよほどのことが無い限り基本的には攻撃してきません。身の危険を感じたり、仲間が危険な時、巣が危険な時に初めて針を出して攻撃してくるくらい。

スズメバチは人間をも殺せるくるいの攻撃力を持ち、しかも何度でも刺すことができる危険度の高い蜂ですが、ミツバチは一生に1度しか針を使った攻撃ができません。針を使えば彼らは死に至ります。だからこそ、ここぞと言う時しか使わない「奥の手」なんです。

つまり静かに見守ってみたり、静かにそこを立ち去れば問題ありません。手で振り払うのは人間にとっては「あっち行け!」くらいの感覚なのかもしれませんが、蜂にとっては致命傷を貰うかもしれないレベル。振り払った手によって「人間に殺されるかも!」と思わせたらそれこそ刺される確率は上がりますから、自分や一緒にいる子ども、周りの人のためにもやめましょう。攻撃する気はないことを行動で示すのみですよ。

ツツジ7

人の撮影スポットも。

夫婦揃って「私の写真とか結構です。」っていうタイプなので、自分達が花畑に立って撮影っていう記念撮影はしませんでしたが、ここは段々畑のようにツツジとツツジの間は人が通れるようになっていて、そこに立ってもらえれば「花の中にいる風景」が撮影できちゃう撮影スポット。年賀状用や記念撮影のための撮影をしている人達で賑わいますし、とても素敵な写真が撮れるのは間違いありません!

しかし人の集まるところには周りのことを考えられない人がいるのも確か。旦那さんが外側からカメラを構え、ツツジの中で子ども達の撮影をサポートするために奥さんが子ども達の服を直してから、サッと離れてスタンバイ。大切な思い出写真のために必死なのはわかりますが、子ども達から離れて旦那さんのカメラに映らないように気にしていても、他の方のカメラにフレームインしてしまってかなりの迷惑です。

そんな無意識な迷惑行為に何度もシャッターチャンスを邪魔されてしまい「もうっ!」と小声で不満を漏らしていた方も見かけました。人の少なめな日でこれなのだから、多い日は常にあるんでしょうね。モラルとマナー、譲り合い精神を忘れずに。

ツツジ8

広々エリアも。

ツツジに囲まれた通路ばかりではなく、広々とした芝生にツツジが散りばめられた開放的なエリアもあります。隣に池があって、カラフルで広々したエリアに点々とベンチが置いてあるので、歩き疲れても休憩できるよう配慮されてました。もちろん密を回避できるので休みやすいのですが、おそらく人が多い時はある程度空気は読んで、席を空けてあげるようにしないといけないでしょう。

それでもあちこち休憩エリアが点在してますし、トイレも設置してあり、配慮の行き届いたところだと感じます。何組かサッカーができそうなくらいの広々芝生エリアもあったので、ツツジの季節以外はピクニックができるのかな?カフェや売店もありますし、池にボートで漕ぎ出すことも可能。家族連れ、若夫婦、老夫婦、カップルや友達同士など幅広く楽しめそうな観光地ですね!

ツツジ撮影中

必死なおっさん。

撮影中は夢中ですからね。後ろから妻に激写されてることなんて、そりゃあ気付きませんよ。探偵が撮られてることに気付かないなんてってプロ意識を疑われても、「探偵は探偵する」のが仕事で探偵が探偵されることは滅多にありませんから!笑

 

つつじが岡公園データ

 

 

次回更新日:5月13日

 

 

 

【アイビー探偵】   

Instagramはこちら

Twitterはこちら

【総合探偵社 ピースキーパー】   

HOME PAGEはこちら

Twitterはこちら