ブログ

浮気問題のスペシャリストによる無駄のない調査!
確実な証拠で裁判に勝つ!

カラフルな人

家族みんなで大人の塗り絵を楽しんでいた時のこと。私と妻が子どもの頃に大好きだったエメラルドグリーンという色の話になりました。「エメラルドグリーンって何?」「どんな色?」とちょっとしたネタになる色で、そもそもその色が好き!という人には妻以外に出会ったことがありません。笑

たまたま「昔この色好きだったなぁー」とポロッとこぼしたのがキッカケで「え?うそでしょ!?」と妻も大好きだった色だと判明した数年前。今好きな色はともかくとして、それまでお互い昔好きだった色なんて全く知りませんでした。

エメラルドグリーンとても説明の難しい色で、どこでも見れる色ではないためイメージ画像すらなかなか見つかりません。パステルカラーのグリーンが近いのですが、それでもエメラルドグリーンとは少し違います。小学生の頃、図工の工作時間にエメラルドグリーンのポストを作った際、何よりも大変だったのはあちこちのホームセンターを巡って塗料を探すことだった!というくらいどこにもありません!笑

このマグカップなら「これがエメラルドグリーン」と言っても差し支えないかと思えるので載せておきますね!とにかく微妙な色合いで表現されていて絶妙な感じがあるため、好きな人にしかわからない「この色!」といった具合があるんです!

カルディー限定マグ

愛用のカルディ限定マグ

そういえば、エメラルドグリーンに限りなく近いので気に入って即買いしたなんて思い出があるフローライトという天然石も寝室に置いてありました。加熱すると蛍のように光った後、弾けて割れる様から「蛍石」とも呼ばれています。もちろん割れてほしくないのでそれを実際にやることはありませんが、元素の内容によっては紫外線(ブラックライト)を当てるだけで光るので加熱しなくても幻想的に光る様子を見れて面白いですよ。内部に含まれる成分バランスによって様々な色があるので、こういう色の天然石というよりはこの個体がこういう色といった具合。

フローライト

フローライト。次回、発光している状態を紹介します!

今好きな色はそれぞれ違います。妻はターコイズブルーが大好きで、ターコイズやトルコ石のブレスレットを作ってプレゼントしたことがありました。トルコ石に関しては「エメラルドブルー」と呼ばれる色合いなので、やっぱり妻のベースにはエメラルドが欠かせないようですね!

私はグリーン(標準〜濃いトーン全般)や白など様々ありその時によって少し変わるものの、グリーンだけは子どもの頃からずっと好き(^^)協調性を大事にする人が好むなんて言われることがあるカラーだけど、そこだけは驚くほど当てはまってません!笑

一応周りに合わせる努力はしてますが、ベースは協調性なんてくそくらえ!思ってないことは言いません、好きなように言わせてもらいます!っていうサラリーマンには不向きすぎる性格いや、社会不適合者なので(^^;)

話を戻して、そんな昔の好きな色や今の好きな色の話から「パパはカラフル大好きだよね!」と妻に言われて思い出しました。そう変わらず好きな色はグリーンの他に「カラフル」。これを思い出したと表現したのは理由があります!

いつでもカラフルな色合いが好きで、幼稚園や小学校など絵を描く場面でもカラフルなものを描いて賞を頂いたこともありました。服や小物でも20歳前半頃まではカラフル率は高く、妻もそれはよく知っています。未だにカラフルには惹かれてしまいますが、30歳代半ばのおじさんがカラフルなものを身に付けていたら痛々しいそれくらいはわかっているから選ばない。そして手に取れば欲しくなるから触れない!そうやってカラフルを避ける生活が当たり前になっていきました(/ _ ; )

だから「好きな色は?」という質問に対して、自然とカラフルを除外しつつ他の好きな色を挙げるクセがついているのです。ただしカラフルチョコ(mm’sなど)は週1〜2食べてますね。美味しいし、かわいいんですもん(*^^*)

そして私にそっくりだと普段からみんなに笑われる次男坊好きな色を聞いてみたら「カラフル大好き」らしいです。あー、そんなところまで同じなんだねぇー。ほんと、DNA鑑定不要ですねぇー!笑

カラフルチョコ

過去の記事でも触れたことがあるように、カウンセラーを目指して心理学の勉強をしていた日々があり、そのうち色彩心理学を学ぶ機会もありました。しかし様々な色をまとめたカラフルについては学んだ記憶がありません。いや、多分忘れただけなんですが。だけど次男坊まで好きとなれば、カラフルが好きな人の心理はどんなものなのか知る必要がある!

というわけで昔使っていた心理学の教本を引っ張り出してではなく、現代らしくインターネットのフル活用。カラーセラピーや色彩心理学をネットで調べる場合、多くは「色占い」という類のエンターテイメントに近いものがヒットしがちなので、きちんとした心理学を調べるためには情報をふるいにかけるための最低限の知識が必要です。とは言え、色占いの一部は色彩心理学を応用したものなので、信用できる色占いも存在しますから、そこらへんを見極めてくださいね!

さてさてカラフルが好きな心理とは色々なカラーが入り混じってるわけだし、私や次男のようにひね曲がった性格の人が好むということはおおむね心がとっ散らかってるとかそういう人が好むのかな?なんて浅はかな考えを浮かべながら調べてみると、意外なことがわかりました!いや、意外でもないかむしろピタリ賞ですね。笑

パッチワーク

避けてるつもりでしたが、そういえばよく着てます。パッチワークシャツ。

カラフルが好きな人→→→虹色として解釈するため赤、青、黄、橙、緑、紺、紫の色彩心理を当てはめ、全ての色彩心理を持ち合わせている(あるいは統合する)と分析しがちだが、正しくは様々な色を受容する心の現れと捉える。

専門書のPDFにはこうありましたが、わかりにくいという方もいると思うので要約します!全てのカラーの性格を持っているのではなく、全てのカラーの心理を受け入れようとする心理をもつため、感受性が強い人や様々な考え方をしたりたくさんの感性を持つ人、興味の幅が広く探究心が強い人ということ。

想像してみてください。カラフルな服を着たおじさんがいたら………普通とは少しズレた変わった角度から物事を見ていたり、色々な話を興味津々に聞いてくれそうな気がしますよね?その人が正しいのかどうかは別として、ようするにそんな変わった人が当てはまります。笑

あぁちょっと考えてみただけでも色々と思い当たる節が出てきますねぇ。妻はその通りだって手を叩いてゲラゲラ笑ってるし、隣にいる次男を見ても思い当たることがたくさん色々考えてたら頭の中がカラフルになってきました(^^;)

色彩心理学はなりたい自分になるために使うこともできるし、相手へどんな印象を与えるか、どう誘導するかなどでも鍵になってきます。警察官が紺色の制服を着ているのも「真面目さを感じ、信頼できる人だと安心させる」ため。大統領や首相が演説など大事な場面で赤いネクタイを付けるのは「勢いがあり、できる人に見せ、説得力がある」と感じさせる勝負どきのネクタイだから。つまり営業マンが赤ネクタイをつけてきたら「契約するつもり」で来てると解釈して構いません。

その知識が無いのに赤ネクタイを付けてきてるかもよ?と思うこともあるでしょうが、そもそもそのつもりでいる人がネクタイを選んでいたのなら、知識が無くても自然と赤ネクタイを手に取るので、結果的に「キメるつもりで来ている」ということになるのです。

平野さんとの2ショットB

前回の記事とは違う笑わされる前の必死にニヤリしてる姿。笑

だったらインタビューの時にネクタイ赤にしとけよ!と思いますよね!赤の欠点は威圧感とも感じる場合があるので、見た目によってはマイナスイメージ怖い人というイメージを持たれている場合には赤ネクタイの相乗効果で、より怖いと感じやすくなってしまうのです。緑は穏やかなイメージを与えるから、コワモテさんにはうってつけ!さらにアイビー探偵の代表としてアイビーの葉っぱらしく「緑」のネクタイにしたまでです(^O^)v赤にするか青(誠実、冷静、信頼感を感じさせる最も確実な色)かでずいぶん迷ったあげく、直前で緑にしました!笑

このようなカラーコントロールを活用して、落ち込んでいる自分を持ち上げるために使ったり、落ち着きがない時に落ち着かせるように使ったりできるため色彩心理学は便利なのです(^^)

寒い時は赤やオレンジなど暖色系を着るとサーモグラフィーで見ても温度が上がるくらい体は温まりやすくなりますし、食事を制限したい時は青い食器やフードマットを使えば自然と食欲減退します。風邪をひいたり病気の時は白い服を着たり、お腹の調子が不安な時は黄色、イライラする時や美容効果が欲しい時はピンクの下着や肌着がベスト。

見るだけでなく、触れるだけでも色の効果を得られるため、派手な色なんか身につけられない!という場面でも、下着や肌着など人目につかない部分に使うことで同じ効果を得られるので活用してみてください。

また、カラーをイメージするだけでも同等の効果があり、その時に必要とするカラーを吸い込んでいるイメージで呼吸するだけで、その色彩効果を得られます。ピンク色を吸い込むイメージ(花びらなどでイメージするとスムーズ)を毎日1分続けただけで、数年後には肌や内臓、見た目など全ての年齢が20歳以上も若返ったという実験は特に有名で、根拠が見つかっていないようなこうだろうという憶測ではなく、科学的に認められている現実の話なのです。

もちろんその時に必要なカラーで(緊張緩和やストレス解消ならグリーンやパープルなどなど)様々な応用が効くので、まさに使い方は無限大!

クリプテック タイフォン

カラフルや緑が好きというのは親しい人は知っている情報ですが、知っている人達からでさえ「いや、その顔は黒を使わなきゃでしょ!」と昔も今もからかわれます。それを活かして、仲のいい友人が集まる場面では全身黒スーツで待ち合わせ場所に行き「おぅ!ずいぶん探させやがって、このヤロゥ!ちょっとツラ貸せや!」と逃げてた人を見つけた怖い人をふざけて演じてみせたら、友人達はゲラゲラ笑ってくれた思い出も。しかしそこに初めて会う人が何人かいて、彼らは「やばい!」と本気で冷や汗が出たんだとか。10年以上も前の話なのに会うたびに未だに「あの時は」と言われるので、よっぽど印象的だったみたいですね。笑

また他には、カラフルな虹色のアジアンバッグを使っていた23歳頃、当時お付き合いしていた彼女(妻)は「これは冗談?笑ってほしくて使ってる?」と悩んでいたとか。かわいい!私が使いたい!欲しい!と言っていたのは覚えてますが、カラフルなアイテムと顔が一致していないことに悩ませていたとは知りませんでしたかたじけない!笑

私がカラフル(または真っ黒)を身にまとうと、そこには混乱が生まれるのです!だから使用禁止なのです!笑

カラフルを堂々と使えるようにレゲェ風おじさんになってしまえば良いのかな?あダメだ、ドレッドヘアにするための髪が………ないっ((((;゚Д)))))))

 

 

 

次回更新日:12月4日

 

 

 

【総合探偵社 ピースキーパー】   

HOME PAGEはこちら

Twitterはこちら

【アイビー探偵】   

Instagramはこちら

Twitterはこちら