ブログ

浮気問題のスペシャリストによる無駄のない調査!
確実な証拠で裁判に勝つ!

mission あいさつ

あいさつ(挨拶)と言えば日本人!というイメージが海外にはあるそうですが、それはきっと頭を下げる文化が物珍しいからなのでしょう。そんな礼儀正しい文化の日本でもどんどんあいさつが減ってきているのだとか。あいさつをしない!そんな若者に物申す!的なテレビ番組を目にしたことがありましたが、そのあいさつできない気持ち、よくわかります。恥ずかしくてあいさつしないというのは確かに失礼ですが、あいさつをためらう人はそんな理由でためらっているわけではないかもしれませんよ。

私も気付けば30代半ば。いつのまにかおっさんになってた!と感じていますが、これまでもあいさつに困ることが多々ありましたし、みなさん同じ経験をしてかたかと思います。

現在の家に引っ越してきてから家の前を通りかかる人に「こんにちは!」とあいさつしても、実際には半分程度しかあいさつが返ってきません。それは嫌われてるんじゃん?と思う人もいるかもしれませんが、引っ越し直後から比率はほぼ同じなので、好き嫌いとかそういう問題ではないのだと推測できます。

返事をしない人だと知っていても、めげずに「こんにちは!」とあいさつし続けてましたが、いずれ面倒臭そうに返す人や、目を合わせることも無く無言で会釈だけする人、相変わらず無視する人、通らなくなる人結果は枝分かれ。

こちらもその反応にはやっぱり良い気はしませんし、そのうち真面目にあいさつするのがバカバカしくなっていき、通りかかる全ての人にあいさつするのはやめて、目が合った上で挨拶しても構わない雰囲気の人にだけあいさつするようにしました。それでも返さない人は返さないので、2〜3回の機会で試した上でこの人は返さない人なんだ!とわかったら、それ以降はあいさつすらしないようにしています。ちなみに全年齢層で共通していて「ご年配の方はちゃんと返事してくれる!」とかは一切ありません。明らかな人生の大先輩という年齢層でも返さない人は返しません(^^;)

そんなもん関係ねぇ!間違ったことしてねぇんだから全員にあいさつするべきだ!!という意見も聞いたことがありましたし、とても的確だと思います。ですが時代の変化と共に様々な事情が生まれていて、正しいことだからと突き通すよりも相手に配慮することを優先することにしました。

にこの覗き

そっと侵入したところを激写されるストーカー

女性からあいさつしたら、あいさつされた側の男性が「自分に気があると思った」とかでストーカー化した、他にも強姦殺人事件にまで発展したというケースさえあいさつをきっかけに起きており、ちらほらニュースになっている時代。いざ話すようになったら面倒臭い人だったというパターンも誰もが経験したことがあるでしょうし、危険な人が増えたという認識が高い昨今ではあいさつから生まれる新たな付き合いを避ける傾向は当たり前なのかもしれません。

余談ですが、最近になって時代の変化と共に危険な人が増えたというよりは、全国、世界中の情報が簡単に共有できるようになったから浮き彫りになりやすくなっただけで、今も昔も危険な人の割合は変わらないのでは?と思っています。自分に近いエリアの情報だけを耳にしやすい昔と、全国または世界中の情報をいつも耳にする今とでは情報量が違いすぎていますし、それが全て身近に感じてしまうのは当然。そうなれば必然的に「危険な人が増えた」と誤認するのも無理ありません。実際のところは本当に増えたのか、ただ見えるようになっただけなのか、どちらが正解なのかは判りませんが私の中では後者で解釈しています。

話を戻しますが、あいさつは難しく感じることが多いコミニケーション。以前にも相手が求めるあいさつと自分が良かれと思って行動したあいさつが噛み合わずに、トラブルになりかけたことが何回かありました。

例えば出勤して事務所の前で仕事の準備をしていると、次々と出勤してくる先輩方。会社敷地内で全て見渡せる広々としたところだったので、事務所の前に来るまで約20メートルの距離を歩いてくるのですが、他の社員は先輩方が車を降りてすぐ20メートルも離れたところから「おはようございます!」と大声で叫んであいさつしていたそう。私は車を降りて事務所まで残り7〜8メートルも無いくらいまで近付いてきて普通に声が届く距離になってから「おはようございます!」と大きめに声をかけていた日々。

それに関して一部の先輩達から「お前なんで車降りた直後にあいさつしねぇんだよ!」と叱られたことがあったのですが私の中では目上の人に対して叫ぶような大声で、しかも顔もよく見えない遠くからあいさつをするのは失礼にあたると考えていたので、あえて近くなってからあいさつしていただけ。「失礼だと思ったからです。」と答えても「何が失礼なんだよ!」と聞く耳をもってもらえず理解されませんでした(^^;)

しかし意外にも1人の古株の先輩、それも年長者が「顔もわからないくらい遠くから叫んであいさつするのが失礼ってことだろ?ごもっともだと思うよ。」と通りすがりに笑顔で助け舟をしてくれて事なきを得たという経験。

もちろんあいさつ以外でも他の場所でも、そういった考え方の違いによるすれ違いは常にありましたが、自分の考え方を説明したところで伝わることのほうが少ないと知って、理由を聞かれても説明せずにただただ謝ってしまうのが最もスムーズだと学習。笑

あいさつ1つでも人の考え方は様々で、私の場合は深読みしすぎて伝わらないまま「お前は普通と違う!」と言われてしまうことが多かったのです。右にならえが最もスムーズなのは知っているのですが、右にならうより先になんでこうするのかと考えてしまうのが、うまくいかない理由でした。分数の割り算を教えられたまま素直に覚えられる人と、なんでそうなるんだろう?と無駄なことが気になってしまって理解できずに覚えられない人、それと同じですね。笑

ちなみにひと昔前迄は、上記のような「視界に入ったら大声で叫んであいさつする。」が上下関係においての常識ルールだったそうですけど、そんな非効率なルール知るか!というのが私の本音。笑

にこのいらっしゃいませ

店員さんへの挨拶もどう答えたら良いのか…

お店に行った時なんかにも「いらっしゃいませ!」というあいさつを受けては、これは答えたほうが良いのか?と迷うことも。特によく行くお店なんかで世間話の付き合いもある相手なら「どうもー。」とか「こんにちはー。」くらいは返したほうが良いのかな?とも思いますが、試しに返してみると相手が一瞬「あ、あぁ、どうも。」みたいな驚いたような困ったような反応をすることもあるので、これに関しても私の中では「いらっしゃいませ」にはあえて反応はしない(悪く言えばスルー)することにしています。お店の人にとっては「いらっしゃいませ」が「こんにちは」代わりで言っている場合もあるでしょうし、立場が違うために解釈の違いが生まれやすいですね。会釈くらいはするけど、話を聞いてみればそれもまた人それぞれ。

こんな感じでやっぱり人によって考えあってこそあいさつをしたりしなかったりなんだと思い、今のスタイルに落ち着きましたが、さすがに無視されると時々切ないです。あいさつしないほうが良かったのかな?と思いますし、返ってこないとなんでだろう?と考えてしまいますもんね(^^;)

いつも気さくに話していた会社の隣に住むおばさん何度あいさつしても返ってこないし、こちらを見る気配もないなんてことがあったのですが、なんでだろう?と思ってたら片耳が聞こえないから話しかける角度によっては全く聞こえてないことがあると教えてもらって、そういうパターンもあるのか!と驚いたこともありました。ご年配の方だと意外と聞こえてなかっただけなんてことも多いから、無視してるつもりじゃなかった!ということもよくあるみたいなので、見極めが難しいところです(^^;)

たかがあいさつでも相手が女性なら尚更気を使って何もアクションしないということも多々。男性から声をかけられることに警戒する女性も少なくないので、むしろ何もアクションしないほうが女性に対するマナーとしては良いのかもしれません。その一方ではあいさつしないのは失礼という良識もあり、迷うことは今も頻繁(^^;)もはや八方塞がり!面倒臭いなぁと思うのは、きっとみんな同じなんでしょうね。笑

そうやって色々な想いからあいさつをあえてしないパターンもあるのだろうなと悪くは考えないように気をつけているという話でした。

ちなみに出先でたまたま妻を見かけた時に気付かれないように背後から近付いて「すみません。」と声をかけてみたことがあるのですが、なんでそんなに不機嫌なの?なにに怒ってるの?と思うくらい目つきの悪い妻に睨まれた経験があります。笑 これは妻なりの護身術で、知らない人に声をかけられた時にニコニコしていると変な誤解を生んで面倒になりかねない!という女性ならではのトラブルを回避するための技。いつ見かけても夫ですら話しかけたくないくらい不機嫌そうに歩いてます。ていうか家でもあんな怖い顔見ないけど!?笑

最初の一手すら打たせないというその手法は防犯上かなり有効なので、女性は是非マネてみてください。ナンパは基本的に「相手を見下している」「自分より下」という心理の元で成り立っていて、「自分よりも上手(うわて)かもしれない」「自分より頭がいいかもしれない」と思っている相手には決してアプローチしません。同じく強そう、怖そうと思ったらもちろんそれもナンパの対象にはならないわけで、ナメられない=ナンパされない、と直結します。めちゃくちゃ美人だとしても怖そうな女性だったらナンパされないのは容易に想像できますよね?

ナンパされる=モテる、はある意味では正解だけど、下に見られてる、ナメられている、軽く見られているという裏側も同時にあるんですねー(^^;)それをよく理解してるからこその手法。ナンパされようものなら「バカにしやがって!」とぷんぷん丸の妻…それも怖いです。笑

私が同じこと(不機嫌フェイス)をやると高確率で警察官に「ちょっとお話いいですか?」「ちょっと端っこに寄りましょうか。」「持ち物見せてもらえますか?」と職務質問を受けるので、男性の場合は顔によっては絶対に使用しないでくださいね(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥)わぁー♪お巡りさん、仕事熱心♪

 

 

 

次回更新日:2月26日

 

 

 

【総合探偵社 ピースキーパー】   

HOME PAGEはこちら

Twitterはこちら

【アイビー探偵】   

Instagramはこちら

Twitterはこちら